いびきを止めるには専用のグッズを使うのが一番

体の外側から内側から対策

レディ

人気は手軽さにあり

女性は体の中に脂肪の占める割合が多く、その分筋肉量が少なくなりますので、体がどうしても冷えてしまう傾向があります。体温が36度以下という女性は珍しくありませんが、体温が低いとさまざまな病気になりやすくなります。新陳代謝も鈍くなりますので、同じように動いていても体温が高い人に比べるとエネルギー消費量が少なくなり、太りやすいという傾向が生まれます。そこで、体を温めて新陳代謝を活発にする温活に注目が集まっています。温活とは、文字通り体を温めるための活動のことで、最近はさまざまなグッズが登場しています。効果的に体を温めるには、まず太い血管が通っている場所を温めることです。首と名のつく部分を温めると効率よく温活ができますので、まずは首、そして手首、そして足首を温めます。首はネックウォーマーで、手首や足首にも専用の温めグッズが販売されていますので、採り入れるといいでしょう。その際、電源を使わなくても素材そのものが蓄熱性能を持っているものを選ぶと、より温活が促進されます。身に付けると同時に体の熱を摂り込んで、逃さず蓄熱してくれますので、じんわりと体を温めることができます。さらには体の中心を温めると体全体がぬくもるということがわかってきたことから、ナプキンに当てて温める温座パッドと呼ばれるものも登場しています。子宮を温めるにも効果的ですので、婦人科系の病気を予防したり、生理痛の軽減などにもよいと言われています。どれも手軽に使える物が人気なのは、継続して行わなければならないところに理由があるからでしょう。